PACSPLUS FOCUS

PDF カタログ

コストパフォーマンスを追求した
眼科専用DICOMワークステーション

基本機能に加え、眼科領域で求められる全ての機能を搭載。便利な機能とフレキシブルな操作で診療を効率化させることができます。

画面

特徴

  • 高画質で素早い画像表示と、電子カルテ連動機能標準搭載。
  • 眼科分野に特化した機能が充実
    パノラマビュー、ステレオビュー、C/D比、アノテーション機能など、眼科の診断に必要とされる機能を網羅
  • 多彩な画面レイアウト
    左右眼表示、シリーズ分割や画像分割表示、過去検査比較等の複数画像を画面レイアウト機能で表示することができます。
  • マルチモダリティ
    循環器画像だけでなく、胸部写真やCTなど、他の医療機器から送られてくる画像にも対応し、読影することができますので、コスト削減にもつながります。
  • 画像情報の共有
    5台までの小規模構成から5台以上の大規模構成まで、複数端末で高画質な画像を高速表示。
  • PACSの拡張
    独自開発のPACSPLUSなら、さまざまな分野の製品を持ち合わせているので、状況に応じてシステムの拡充もスムーズ。必要に応じて段階的に導入を進められます。

ソリューション システム構築例

構築例

オプション製品

PACSPLUS Publisher
簡易ビューア付CD/DVD作成
各種メディアに対応したバックアップソフト

PACSPLUS Publisherは、保存された検査データを外部メディア(DVD/CD)に簡単にバックアップし、他院への画像提供や読影を委託する際外部機関に出す時などにお役立ていただけます。
また、メディアには簡易ビューアも同時にも存されますので、DICOMビューアの無いPC環境でも画像の表示をすることができます。

画面