PACSPLUS DICOM Gateway200

PDF カタログ

各種モダリティ対応
画像変換ゲートウェイでJPEG等の汎用画像を
DICOMデータに変換

DICOM化されていない各種モダリティで撮影した画像やレポートなどのJEPGファイルをDICOMデータに変換。患者様の情報を簡単に修正・編集でき、様々な患者情報の入力方法に対応していますので、検査時に手入力なしで患者様の情報を付加し、院内スタッフの作業やミスを防止することができます。

画面

特徴

  • 多彩な患者情報入力インターフェイス
    MWM、磁気カード、バーコード、受付システム(医事システムや電子カルテ)からのCSVファイルなど、様々な入力方法で検査オーダー情報を受取り、患者情報に付加することができます。
    ※入力するインターフェイスについては別途お問合せください。
  • 簡単な操作で画像の取込みからPACS送信まで
    画面内の取込みボタンでDICOM化したい画像を簡単に取り込むことができ、ボタン一つでPACS送信
  • 手軽に患者情報修正と画像追加
    PACSへ画像を送信した後画像の追加や患者情報を修正する必要が発生した場合でも送信の終了リストから簡単に該当検査を呼出し、患者情報の修正や画像の追加をすることができます。

PACSPLUS DICOM Gateway200T

PDF カタログ

JPEGとテキストファイルを常駐型システムで
手間なくDICOM変換&PACS送信

画面

特徴

  • TEAC社製MVシリーズや超音波骨量測定装置「ビーナス」(日本光電)などの機器で生成されるJPEG画像をDICOM変換することができます。
  • OS起動時にソフトウェアが起動し常駐します。ファイルを受け取ると同時にプログラムが動作するので手間がかからないのが特徴です。
  • テキストファイルがなくてもJPEGファイルのファイル名を患者情報に変換してDICOM化することもできます。

PACSPLUS DICOM Gateway300

PDF カタログ

デジカメ画像をDICOMに一括変換
撮影時のシャッターと連動した便利なシステム

デジタル一眼レフカメラ(Canon/Nikon)で撮影したJPEG画像をDICOM変換後、PACSへ送信します。
検査情報等も簡単に編集・修正が可能でき、バーコード/磁気カードにも対応した検査情報取得機能により、MWMや受付システムとも連動。検査時に手入力する手間を省くだけでなく、患者情報の入力ミスや取り違えを防ぐことができます。

画面

特徴

  • 多彩な患者情報入力インターフェイス
    MWM、磁気カード、バーコード、受付システム(医事システムや電子カルテ)からのCSVファイルなど、様々な入力方法で検査オーダー情報を受取り、患者情報に付加することができます。
    ※入力するインターフェイスについては別途お問合せください。
  • 簡単な操作で画像の取込みからPACS送信まで
    デジカメでシャッターをきると同時に画像を自動表示します。あとはボタン一つでPACS送信するだけです。
    また、ソフトの機能の一つとして、ソフト上でシャッターを切るレリーズボタンが搭載されています。
  • 手軽に患者情報修正と画像追加
    PACSへの画像送信後、画像の追加や患者情報を修正する必要性が発生した場合でも送信終了リストから簡単に該当検査を呼出し、患者情報の修正や画像の追加をすることができます。

ソリューション システム構築例

構築例