Writer

院内でKIOSK端末を利用し患者様に検査データを提供

四角特徴

HeSeL writer

レントゲン写真比較

比較診断ができる

検査画像を読影し病気の有無を診断する「放射線科専門医」が語る
過去検査画像と現在検査画像の比較診断はとても大事!健康である時の正常と診断された画像を保存しておくことで、病になった場合、過去の正常画像と現在の病変との比較診断が可能になります。

HeSeL MORE (Mobile Report)

受診者本人のモバイル機器に受診者本人の診療記録のみを選択し転送

HeSeL MORE (Mobile Report)

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンが可能

複数の医療機関の診療記録をまとめて統合管理することで第三の専門医に
セカンドオピニオンを求めることができます。

HeSeL MORE (Mobile Report)

Wi-Fi

無線Wi-Fiを利用してらくらくデータ転送

HeSeL MORE (Mobile Report)

CDが必要ないため手間や費用が削減でき業務の効率が大幅アップ

四角検査画像のダウンロード手順

検査当日、HeSeL KIOSK画面手順

①携帯電話番号を入力

HeSeL KIOSK

②ダウンロードする画像を確認

HeSeL KIOSK

③QRコードをスキャンしダウンロード

HeSeL KIOSK
四角検査データ配信の流れ
HeSeL Writer
四角HeSeL搬入事例

現在ASAN病院、延世セブランス病院(本院、江南)、HANARO医療財団、動物病院、歯科を中心とし、約50以上の施設に続々導入拡大中!

延世大学健診センター
HeSeL Writer
韓国医療財団健診センター
HeSeL Writer
江南セブランス病院健診センター
HeSeL Writer

メールでのお問い合わせの方

お電話でのお問い合わせの方(受付時間 平日9:00~17:30)